ビゴさんのフランスパン物語

価格:1,995円(税込) 2000年1月
出版社:晶文社
ISBN:4794964285

バゲットはいつ日本に来て、誰が広めたのかご存じですか?
人呼んで「フランスパンの神様」ムッシュ・ビゴ…、果たしてその正体は?

ビゴさんのフランスパン物語

神戸「ビゴの店」店主ビゴは、パンの神様と呼ばれる。1956年、日本にフランスパンを伝えて以来、本物の味を広めてきた。
発酵を何より大切にする。保存料や添加物は使わず、飾り立てない。パンは人の命の糧だから、というのが、ビゴの哲学だ。
14歳で入った修業時代。「ドンク」での活躍。職人仲間との出会い。天然酵母パンが受け入れられるまでの道のり…。第2次大戦下のフランスに生まれた一人のパン職人が、本場の味で日本人の食卓を大きく変えるまで。
ビゴの秘蔵のレシピ付。

  1. 日本で本物のフランスパンが食べられる日
  2. フィリップ少年、パン職人になる
  3. ビゴの店開店
  4. 職人の心
  5. パンは売れてなんぼのもの

・番外編:神様の毎日