価格:1620円(税込)
2015年11月
出版社:旭屋出版
ISBN:978-4-7511-1166-6

これ1冊でわかる

パン・ド・ロデヴ

パン・ド・ロデヴ普及委員会

フランスの小さな町ロデヴで生まれたパン・ド・ロデヴは、かの地ではパン・パイヤスという名で今も静かに人々の生活に息づいています。縁あって、遠く離れた日本の地に種が蒔かれることとなり、日本人の手で大切に育てられ、小さな蕾をつけました。 この本ではその軌跡をお届けします。いつか大輪の花を咲かせる日のために。

  1. パン・ド・ロデヴが生まれたところ
  2. パン・ド・ロデヴの作り方 
    レシピ:仁瓶利夫氏(ドンク)明石克彦氏(ブロートハイム)金林達郎氏(ボワドオル)古山雄嗣氏(メルク)玉木潤氏(たま木亭)徳永久美子氏(徳多朗)大橋哲雄氏(マンダリンオリエンタル東京)吉川崇氏(ラ・バゲット・ド・パリ ヨシカワ)
  3. パン・ド・ロデヴの美味しい食べ方
  4. パン・ド・ロデヴの盛り上げ方