【1月】製菓基礎「ガレット・デ・ロワ」

開催日: 2022年1月22日 10:00 - 15:00カテゴリー:

ガレット・デ・ロワ講座について

ガレット・デ・ロワ
ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワgalette des roisはフランスのご公現のお祝いepiphanieのためのお菓子。フランスでは1月中お菓子屋さんパン屋さんで山のように積まれて売られています。

日本でもかなり売られるようになってきて、うれしい限りです。

講座では、折り込みパイ生地feuilletageを折り、中にアーモンドクリームを詰めてフェーヴを忍ばせて、ガレット・デ・ロワを作ります。

中に入れるフェーヴとは、もともとはフェーヴfeves(空豆)でしたが、
いまは陶製のおもちゃです。

モチーフは聖人、お菓子、動物、乗り物、ワインや食べ物、人
などなどあらゆるもの!

日本ではその食文化がないので、ホールのアーモンドを忍ばせて
おいて、フェーヴは手渡しにして販売することもあるようです。

講座ではもちろん選んで頂いています。紙製の王冠も!

残った生地でポンヌフとサクリスタンも作成します。

ご試食は抹茶のアイスクリームと一緒に。
お一人1台を生地から作って、お持ち帰りいただきます。

*今月はちょっと大変なので、軽いお昼をお出しします。

*フィユタージュの性質上、強い暖房が掛けられません。あたたかい格好でお越しください(コックコートやウインドブレーカー、カイロ)。毛足の長いセーターは、毛が飛び散って生地に入り込むので、上に割烹着などを羽織ってください。

きちんと基礎的なことを踏まえて作れば、難しくありません。フィユタージュについて詳しく知りたい方。復習したい方も、ぜひどうぞお気軽にご参加ください!

12月の製菓基礎講座詳細

日時1月22日(土)10:00~15:00 満席になりました。またの機会、よろしくお願いします(1/20)
受講料7,600円 
定員6名様
講座内容実習、お持ち帰り(20cm1台)とご試食

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人