【12月】キュイジーヌ・デザミ講座

開催日: 2022年12月2日 - 2022年12月3日カテゴリー:

12月のキュイジーヌ・デザミ講座メニュー


キュイジーヌ・デザミcuisine des amisとは、友達amiのために作る、簡単、気軽な、でも、おもてなしの心にあふれたカジュアルフレン
フランス料理のソースの秘密は? きれいに盛りつけるコツって? 楽しく提供するための細かい工夫を含めてお伝えします。
どなた様も、ぜひご一緒に! 経験はいりません。

前菜


アワビとキノコのフリカッセ Fricassée d’ormeaux

アワビとキノコ(エリンギやアワビタケ)でフリカッセに。
晩秋の料理です。 
バルサミコ酢でソースを作り、アクセントを入れます。

主菜

ブーダン・ブランのグラチネ Boudin de volaille aux pistaches gratiné  

フランスのクリスマスのご馳走の一つ、ブーダン・ブランは、白いソーセージのこと。
鶏肉で太めのソーセージを作り、ピスタチオも入れます。

上からチーズのソースをかけて、表面を焦がしてグラタンにします。



デザート

イチゴのシャルロット Charlotte aux fraises

ビスキュイを焼いて、シャルロット型に敷き込み、
中にはヨーグルトのムースといちごやフランボワーズを詰めます。

クリスマスのメニューでご参加をお待ちしております!

どなた様もどうぞお気軽に。ご経験は不要です。
ご参加お待ちしております!

12月のキュイジーヌ・デザミ講座 詳細

日時12月2日(金)3日(土)10:30~15:00 
*両日ともに現在満席です。キャンセル待ちを承ります。
受講料7,500円 (会員価格7,000円)
定員8名様
講座内容実習とご試食

銀行振込のご希望方、残席確認、講座についてのご質問はこちらよりお知らせください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フランス料理・製菓教室アトリエ・イグレック(大阪市)主宰。
滞仏経験に基づくフランスのトータルな食文化を紹介している。
エッセイ、取材本、レシピ本、翻訳本など。
・小麦アレルギー対応の米粉によるお菓子作りのレシピ開発と教室
・パンの業界紙に取材記事やフランスの焼菓子エッセイを連載
・パン・ド・ロデブ普及委員会 事務局長・理事
・(一財)藤井幸男記念・教育振興会 理事