豆のひげ ピーテンドリル

ピーテンドリルって何?

春のハーブ、ピーテンドリル
豆のまきひげです。

味はおいしいというものでもなくて、ずばり生の豆味!
スナップエンドウの芽の巻きひげだそう。

何年か前(私が最初に見たのは17年の春でした)
にでてきましたが、
最初に見たときは、

ピーテンドリル??

「ドリルって、先端がぐるぐるらせん状に渦巻きだから
そう言うのかな??」

とみんなで想像しましたが、ただしくは

Pea Tendrils 豆+まきひげです。

超可愛い、でも値段は可愛くなくて
だいたい1パック380~400円くらい。
しかも市場まで行かないと売られていないので、ちょっと不便なのです。

育ててみた!

だったら、豆苗から育てられないかしら?
ある日そう思って、育ててみました。

ネットを検索してみると、
ハーブとして売られているピーテンドリル(豆の巻きひげ)は
スナップエンドウの芽だそう。

野菜コーナーに売られている豆苗はグリンピースの芽らしいのです。
近いから、なんとかなるかもと思って、豆苗を食べずにそのまま
育てること4日間! こんな感じになりました。
だいたいこれでよいのではないでしょうか!!

買うと高いけど、豆苗から育てたら100円前後です!

これは使える。おまけにちょろっと食べながら育てても
結構な量のピーテンドリルが収穫できます。

これから、グリンピースを使うお皿のときは
少し前から育て始めようと思います!!

味は?
「豆〜〜、しかも生!」
ピーテンドリルとまったく同じでした。

ちなみに地面で豆苗を育ててみた生徒さんがいらして、
「花が咲いたら、紫でした」
と。つまりそれはサヤエンドウだったらしいのです。

種を買わなくても、苗を買わなくても、サヤエンドウを収穫できるみたいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

フランス料理・製菓教室アトリエ・イグレック(大阪市)主宰。
滞仏経験に基づくフランスのトータルな食文化を紹介している。
エッセイ、取材本、レシピ本、翻訳本など。
・小麦アレルギー対応の米粉によるお菓子作りのレシピ開発と教室
・パンの業界紙に取材記事やフランスの焼菓子エッセイを連載
・パン・ド・ロデブ普及委員会 事務局長・理事
・(一財)藤井幸男記念・教育振興会 理事