家族や友人、知人を招いた時の食事や仕事に役立っています(大阪市 KDさん)

レシピがおいしい。珍しい食材を使う。楽しい。

サロンと言うのか『お教室』と呼ばれているような見た目重視の料理教室(フワフワとした会話が多そうな?あまりほかの教室行ったことがないので想像です笑)と違って、本当においしいものを作るために学びたいと思って来られている人が多く集まっているように思います。

それに先生も応えていて、毎回次の教室に来たくなります。
家族や友人、知人を招いた時の食事や仕事に役立っています。

先生はサバサバとしている。男っぽいと感じるけどとても女らしい。決断が早くて、チャーミング

(大阪市 KDさん)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

フランス料理・製菓教室アトリエ・イグレック(大阪市)主宰。
滞仏経験に基づくフランスのトータルな食文化を紹介している。
エッセイ、取材本、レシピ本、翻訳本など。
・小麦アレルギー対応の米粉によるお菓子作りのレシピ開発と教室
・パンの業界紙に取材記事やフランスの焼菓子エッセイを連載
・パン・ド・ロデブ普及委員会 事務局長・理事
・(一財)藤井幸男記念・教育振興会 理事