パリのお菓子屋さん便り グット・ドール La goutte d’or

グット・ドール La goutte d’or

コロナ禍でフランスに行けなくなってしまいましたので、前回の19年の夏に、一番おいしかったお店をご紹介しましょう。

グット・ドール La goutte d’or
183 Rue Marcadet, 75018 Paris

モンマルトルに出来た、お若いシェフのYann Menguyさんのお店です。

この界隈を昔の教会区で、グット・ドールgoutte d’orと呼ぶそうですが、訳せば「金色の滴」という意味だと思います。これがきっとそれを表したチョコでしょう。

並んでいる美しいお菓子の中から、 バニラのタルトを買ってみました。一口食べて、ちょっと言葉を失いました。

なんておいしい・・・。

繊細かつ繊細。としか言いようがありません。

シュクレ生地に軽いヴァニラムースが乗せられ、上にはホワイトチョコレートのごく薄い板がのっています。間にはクルミのプラリネ。

バニラだけでうなるようなおいしさを作り出すのは、なかなか難しいことだと思います。ヴァニラは本当に香りがよくて、うっとりするような心地になりますが、ともすれば単一の味で扁平になってしまいます。ところがあまりに繊細なヴァニラの風味に、ほんの少しのクルミの苦みを足すことで全体をごく軽く引き締め、絶妙なバランスに。構成要素の味の強弱、厚みや食感、口溶けなど、全部計算し尽くされている感じなのです。

思い出すのはその前年に食べたセドリック・グロレのバニラのタルトです。なんでもない材料ばかり。小麦粉、卵、バター、バニラ、生クリームなどなど、特殊なものはたぶん使っていないのに、「うーん、なんだこの完成度!」と思わされるおいしさ。

今回も、特殊なものはたぶん何一つないのに、この完成されたおいしさは、ほんとにやっぱり何なのでしょう!
食べ終わるよりも前に、これが今回のナンバー1に違いないという確信が! 

(結局そうでした)

これはまた次回ぜひ行ってみないと、と思っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

フランス料理・製菓教室アトリエ・イグレック(大阪市)主宰。
滞仏経験に基づくフランスのトータルな食文化を紹介している。
エッセイ、取材本、レシピ本、翻訳本など。
・小麦アレルギー対応の米粉によるお菓子作りのレシピ開発と教室
・パンの業界紙に取材記事やフランスの焼菓子エッセイを連載
・パン・ド・ロデブ普及委員会 事務局長・理事
・(一財)藤井幸男記念・教育振興会 理事