グット・ドール La goutte d’or

グット・ドール La goutte d’or

コロナ禍でフランスに行けなくなってしまいましたので、前回の19年の夏に、一番おいしかったお店をご紹介しましょう。

グット・ドール La goutte d’or
183 Rue Marcadet, 75018 Paris

モンマルトルに出来た、お若いシェフのYann Menguyさんのお店です。

この界隈を昔の教会区で、グット・ドールgoutte d’orと呼ぶそうですが、訳せば「金色の滴」という意味だと思います。これがきっとそれを表したチョコでしょう。

並んでいる美しいお菓子の中から、 バニラのタルトを買ってみました。一口食べて、ちょっと言葉を失いました。

なんておいしい・・・。

繊細かつ繊細。としか言いようがありません。

シュクレ生地に軽いヴァニラムースが乗せられ、上にはホワイトチョコレートのごく薄い板がのっています。間にはクルミのプラリネ。

バニラだけでうなるようなおいしさを作り出すのは、なかなか難しいことだと思います。ヴァニラは本当に香りがよくて、うっとりするような心地になりますが、ともすれば単一の味で扁平になってしまいます。ところがあまりに繊細なヴァニラの風味に、ほんの少しのクルミの苦みを足すことで全体をごく軽く引き締め、絶妙なバランスに。構成要素の味の強弱、厚みや食感、口溶けなど、全部計算し尽くされている感じなのです。

思い出すのは昨年食べたグロレのバニラのタルトです。なんでもない材料ばかり。小麦粉、卵、バター、バニラ、生クリームなどなど、特殊なものはたぶん使っていないのに、「うーん、なんだこの完成度!」と思わされるおいしさ。今回も、特殊なものはたぶん何一つないのに、この完成されたおいしさは、ほんとにやっぱり何なのでしょう!

食べ終わるよりも前に、これが今回のナンバー1に違いないという確信が! 

(結局そうでした)

これはまた次回ぜひ行ってみないと、と思っています。

オテル・ムーリスにアフタヌーンティに

さてではその前の年に行った、セドリック・グロレのバニラタルトもご紹介しましょう。

オテル・ムーリス Hotel Meurice
228 rue de Rivoli, 75001 Paris
http://www.hotelsmauricehurand.com

ムーリスに行ってみました。
なぜなら、有名なセドリック・グロレシェフのレモンのお菓子が食べたかったから!

わくわくしながら待っていると
アフタヌーンティのセットがじゃーんと登場!

まずはやっぱりサンドイッチからと思いましたが、キューカンバーサンドは見当たらず、とても手の込んだサレの食べ物が下段に4つ。
アボカド&ツナ、野菜のスライスが複層で重ねられたフォカッチャなどなど。

つぎは上の段のヴァニラのタルト。
その完成度の高さにはうならされるばかりです。
構成要素はアーモンドとヴァニラと、後はよくよく知っている素材ばかり。
なのに、なぜこんなにおいしいのでしょう!

続いてグレープフルーツのタルト
ぱきんとエッジのたった、まことにクリアな味わいです。そのおいしさ、目が覚めるよう。
やっぱりもう一度うなってしまうのでした・・・。なんておいしい。

リムージュのベルナルドの食器に銀器の数々に、優雅なひとときを過ごしました。
隣のテーブルでは、小さなお嬢ちゃん二人とそのパパという、なんともほほえましい家族が2セットのアフタヌーンティを囲み、さらにその隣ではカップルがお誕生日のお祝いをしていました。

ちなみに私がずっと食べたかったレモンのお菓子は、聞いてみると「今は時期じゃない。それがいつなのかはシェフしか・・」みたいな感じで、ありませんでした。
次こそは!と思っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人