ナスタチウム capucine

葉っぱのこと

実家の植木鉢に咲く花として認識していましたが、

いつのころからか、フランス料理のお皿に乗るようになりました。

日本語はキンレンカ
フランス語で、カプシーヌcapucineといいます。

なんて可愛い! そのひらひらっとした葉っぱはとてもキュート!

食べてみると、まずぴりっと辛いのです。
次にぶわんと芳香がやってきます。ただ可愛いからハーブ的に登場したのではなくて、香りがよいからだと知りました。

そして最後に微妙なぬめりが。3回おいしい、という感じです。

1月頃にも見たことはありますが、手に入りやすいのは春先の4月5月あたり。
もっといつでも使えたらなぁといつも思っています。

カンペールの街にもたくさん咲いていました

ソースに

ナスタチウムを飾りだけにするのはもったいないことです。

オイルと一緒に粉砕してソースにすると、ぴりりと辛く、
ふわんと独特の香りがして、とてもおいしいのです。
(わさびを口にいれる一瞬前に香るような感じの芳香)

白身魚をふわふわにローストして、添えたら、とても美味しいはず!

花のこと

ナスタチウムが素晴らしいのは、葉っぱだけでなく
花が美しい上に、おいしいということ!
葉っぱと同じでぴりりとします。

エディブルフラワーでおいしいのは、このナスタチウムと
ボリッジの花くらいだと思っています。

授業ではパンジーなどほかの花もよく使いますが、
味はしなくて、見た目の可愛さでしかない、というのが本当のところです。

いつだったかのテレビドラマ「グラン・メゾン東京」で
このカプシーヌの花のオイルを
ラングスティンヌの蒸した料理にかけているシーンがでてきて、

うっとり。私も作ってみたい! 長らく憧れています。

育ててみた!

教室用にこれまで何度か注文しても手に入らないことが多く、
致し方なく自分で育てようと種を買ったことがあります。枯らす自信があるのでリスク回避のために、母に1袋渡しました(が、母も枯らしたのか、蒔き忘れたのか??)。

ようやく育てることができたのは、コロナ禍の緊急事態宣言中のこと。少し時間の余裕があって、ようやく面倒をみられました。

お花もほんの数輪だけ咲きました!
けれど、これではグランメゾン東京の花オイルには
ほど遠い~!!
いつかそのうちに!

ちなみに苗の状態で買ったナスタチウムは食べられません。観賞用なので
農薬がかかっている可能性が高く

自分で種から育てるか
1シーズン無農薬で過ごさせた後に食用にしてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

フランス料理・製菓教室アトリエ・イグレック(大阪市)主宰。
滞仏経験に基づくフランスのトータルな食文化を紹介している。
エッセイ、取材本、レシピ本、翻訳本など。
・小麦アレルギー対応の米粉によるお菓子作りのレシピ開発と教室
・パンの業界紙に取材記事やフランスの焼菓子エッセイを連載
・パン・ド・ロデブ普及委員会 事務局長・理事
・(一財)藤井幸男記念・教育振興会 理事