マイクロ野菜いろいろ

ハーブ図鑑

左から時計回りに、セルフィーユ、アネット、カタバミ(オキサリス)、レッドヴェインオゼイユ、コーンスプラウト、アマランサスの芽、オレガノ、バジルの花、細バジル

ずらりと並べると、うれしくなってしまいます! バジルの花はさすがにシソ科だけあって、シソの花にそっくり!

レッドヴェイン・オゼイユ(赤いラインの入った葉っぱ)は英語の意味からしたら、たぶんred vein oseile 赤い血管のスイバでしょうか。

コーンスプラウト

コーンスプラウト

つまりとうもろこしの芽です。

食べてみました。食べられるギリギリの柔らかさの筋っぽい葉っぱ。次にコーンの味がします。

そして、甘いのです。ものすごーく長い余韻で、甘味が舌に広がります。

カタバミ(オキサリス)

オキサリスoxalis

素敵な名前ですが、じつはカタバミの葉っぱ!!


いつの頃からかフランス料理のお皿にカタバミが乗っていることがあり、ほんとにびっくり。赤紫のカタバミはお菓子にも乗せられているのを見かけます。

これって、その辺の道ばたに生えてるカタバミの葉っぱ・・・だよね。ようするに雑草。

赤紫色の園芸種のカタバミなら、実家の植木鉢にもいたっけなあなどと
思い出します。

さすがにその辺のを抜いてくるわけにもいかず・・・と思っていたら、市場で見つけました。

1パック330円

その辺に生えてるよね・・と思うと、ちょっと躊躇します。と思いつつ、買ってみました。

味は、ちょっと酸っぱいのです。既視感のある味・・スイバ(オゼイユ)の酸味に似ています。スイバもその辺に生えてる草ではあります。

ハーブ図鑑2

なんて可愛い、ふたたび。たまりません。

上からホワイトカーリーケール。右回りにクレソンの芽

スイスチャード。そういえばベビーリーフの中に入っています。

レッドオークレタス。これも入ってますね。

そしてレッドヴェイン・オゼイユ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

フランス料理・製菓教室アトリエ・イグレック(大阪市)主宰。
滞仏経験に基づくフランスのトータルな食文化を紹介している。
エッセイ、取材本、レシピ本、翻訳本など。
・小麦アレルギー対応の米粉によるお菓子作りのレシピ開発と教室
・パンの業界紙に取材記事やフランスの焼菓子エッセイを連載
・パン・ド・ロデブ普及委員会 事務局長・理事
・(一財)藤井幸男記念・教育振興会 理事